ハワイ島視察*ワイメアの医療施設インタビュー

ワイメアでは、医療施設での伝統医療/統合医療の現状についてインタビューしました。アメリカでは医療費がとても高く、風邪くらいでは気軽に病院でみてもらえないのが現状とのこと。そこで代替医療と呼ばれる西洋医学以外の医療の役割が重要と考え、その実態を把握すべく医療施設にインタビューに行きました。

「病院では代替医療は行われていないが、すぐ近くの医療施設で行っている先生がいる」と紹介され、その先生を訪ねました。行ってみると、そこでは「先生自身がレイキ施術者でもあるため、レイキは行う」とのこと。「それ以外は、患者に求められればreferする」と言われました。つまり医療施設内で代替医療専門家との連携はないのが現状のようです。保険のカバー状況はメインランド(アメリカ本土)より遅れていて、殆どの代替医療はカバーされないとのこと。

スイスを始めとする医療先進国では、より自然で体に負担の少ない治療法を好む方向で代替医療の保険適用が進んでいますが、この動向は皮肉な気がします。

一方、元々ハワイアンが風邪をひいた子の寝床にティリーフを敷いたり、お腹を壊すとある木の実を食べさせたりという自然な療法は、今は辿り着くのが困難なくらい、失われつつあります。中国でも、数年前に「求医不如求己」という伝統医学(中医学)を活用したセルフケアの本が爆発的に売れました。

今からは伝統医療が得意とすることと、西洋医学でないと対処できないことの認知が必要になってくると思います。私はそれに貢献できるよう、調査を進めていきたいと思います。

ワイメアのスーパーの駐車場で、虹に歓迎して貰いました。カイルアコナに向かう道中も、キリストが降臨しそうな空に見守られてのドライブ。見惚れすぎてか、迷子になってしまいました。とても親切な日系人とフィリピン人ご夫妻に、目的地まで道案内して頂きました。

日本の旅行会社を経営する方のお家に泊めて頂き、書ききれないくらいたくさんの情報を頂きました。ちなみに、ハワイの子供は反抗期が無いそうです。日本では当たり前と思われていることも、実はそうでは無いかもしれません。複数の人から聞いた話では、ハワイではアトピーや花粉症が無いそうです。アレルギーは増えているとのこと。これは何を意味するのでしょう。

ハワイ島視察*ワイピオ渓谷&ファーシャ

1000年以上前から人が住み着いていたというワイピオ渓谷は、偉大な族長が何人も埋葬され、そのマナ(霊力、エネルギー)が守っている土地だそうです。

ビーチまで抜ける道がぬかるんでいて、こけてすりむきました。海の水で洗うと、なんだか清められたような、そのためにこけたような…。

途中で方向転換すると、滝に抜ける道が出てきます。

何の標識もないので、行き交う人と情報交換をして何とか遠目に滝が見えるところに辿り着きました。それ以上行くには馬が必要な位、水が溜まっているところを抜けないといけないらしく、断念し引き返しました。晴れ女にしては珍しく、雨に降られました。

この後、ハワイ島第3の町ワイメア(牧場の町)で「ファーシャ」という施術を受けました。ラテン語で、隙間のことだそうです。臓器と臓器の間にスペースを作ることで、本来の働きを取り戻させる施術だそうです。体感としては、オイルマッサージにクラニオセイクラルを足した感じでした。

ワイピオ渓谷のハイキングはかなりハードでしたが、筋肉痛がとても軽かったのは施術のおかげでしょうか。とても気持ちよかったです。なかなか予約が取れない、大変人気の施術だそうですが、ライターの大崎さんのおかげで特別に受けさせて頂けました。大崎さん、ありがとうございました!