高山病の治療薬

チベット視察の際、
チベット医と中医が常駐している病院を視察しました。

視察中に高山病の方が運ばれてきて、
チベット医の診察を受ける場面を拝見することができました。

「高山病」の診断が出るとすぐに酸素吸入をし
(ストローのようなもので片方の鼻の穴に吸入)、
この薬「紅景天」が処方されました。

紅景天という漢方は、日本ではとれないようです。
チベット&中医の病院にて処方されているものを、分けて頂きました。

【紅景天】
性味:寒、甘、渋
帰経:肺、腎、脾
働き:
益気健脾(疲労回復、めまい、頭痛、四肢無力、汗、食欲不振、吐き気)
清肺止咳(咳、喀血、口渇)
活血化瘀(打撲による疼痛、胸痛、背痛)
*酸欠状態を改善する力が強い。
*疲労回復、虚血性心疾患、老化防止、自律神経失調の改善に効果あり。
*香りはストレス解消に。
〜薬膳素材辞典より〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です